お金のやり取りが遅れている国アメリカ

アメリカって、金金金金金のマネー至上主義の国のくせして、お金のやり取りが未だにCheck(小切手)中心の遅れた国でもあります。

公共料金や家賃の支払、誰かにお金を渡す時(立替金とか)、その他いろいろな場所でCheckを切って、しかもそれをわざわざ銀行に持って行って入金します(ATMも使えます)。

で、そのクッソ遅れた世界の中で、スマホアプリを使って「小切手を撮影して入金する(笑)」というハイテクなんだか前世紀の手法なんだかわからない事になっていますw

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA